医療について

ケアマネージャーは機関と提携をしています

患者の心情を理解するためにはケアマネージャーが必要になります。
入院をするとなると手術をしなければなりませんが、手術をするときは患者の病態や生活の様子を観察しなければなりません。
観察はドクターの力では限界があるので、ケアマネージャーが医療と提携をして患者の生活状況をドクターに説明する義務があります。
健康観察をしていると、これから先どのような病気が進行していくのか、などといった全体像が明確になりますし、治療についてのやり方を親族や知人に説明することができます。
ケアマネージャーは治療の進行と共に生活の変化を予測します。
次々に起る変化は常に記録をしてドクターに伝えているので、ケアマネージャーは責任感の強い人が現場に適しています。
相談は一度だけではなく、何度も繰り返し行いながら治療の調節を行います。
患者によって色々な人がいるので、人当たりが良さそうな人がケアマネージャーをすると医療機関と提携しながら仕事をすることができます。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.